クレジットカードの審査基準
クレジットカードの審査基準について紹介したいと思います。クレジットカードを申し込む際にも審査がありますがご存知でしたでしょうか?クレジットカードの審査基準というのはクレジットカード会社によっても多少は違っていると思いますが、だいたい同じです。クレジットカードに加入する時の審査の基準はずばり返済できるか、保有している担保はあるか、返済の意思はあるかという点を見てクレジットカードを発行するようです。返済できるかどうかは、その人の年収と勤続年数を見ますし、保有している担保については持ち家かどうかをいたりします。そして返済の意思があるのかないのかについては、今までにローンを返済しているのか、キャッシングなどの借り入れがないか、遅滞していないかなどを調べます。

クレジットカードの審査はそれぞれのクレジットカード会社によって基準が違っていて基準に満たない人というのは、クレジットカードの申し込みをした場合でも、あとから審査に通らなかったという通知が来て審査に落ちたということが分かります。ショッピングセンターなどで入会する時の特典につられて申込書を書いたけど通らなかったという人もいると思いますがそれは審査に通らなかったからだと思います。

| 賢い利用法 | 02:36 |
ETCクレジットカード
ETCクレジットカードについて紹介したいと思います。今車にETCが付いているという人も多いと思いますがETCクレジットカードというのは、このETCカードにクレジットカードの機能が付いているものです。逆にいうとクレジットカードにETCカードが付いているといってもいいかもしれませんね。ETCクレジットカードはほとんどのクレジットカード会社で今加入することができます。普段使っているクレジットカードと連携しているカードになりますから高速道路でETCカードを使って高速料金を支払った場合には、その料金がクレジットカードを使ったことと同じになってポイントがついたりするのでキャッシュバック率も高くてうれしいですよね。

ETCは料金所で現金を支払うのではなくてカードで支払うことを言いますがこれからETCを取り付けようと思っている人はETCカードが必要になってきますから、その場合には、自分が今使っているクレジットカード会社にETCカードがあるかどうか確認してみるといいのではないでしょうか。連携しているクレジットカード会社でETCカードを作った方がポイントが付くことを考えたりサービスの面から考えてもお得だと思います。

| 賢い利用法 | 08:23 |
進学ローンの特徴
大学卒業までの教育費は、子どもが生まれた瞬間から準備をはじめることが理想的ですが、そう簡単にできるものではありません。子どもを取り巻く金銭状況は厳しく、教育費は年々上がっているのに親の年収は下降気味。
物価の上昇や実際の進学先によっては、想定を越えた教育費が必要になることも。進学ローンは、そういった教育費にあてることを目的としたローンのことです。一般の多目的ローンと違い、教育ローンや進学ローンなどのローンは教育経費に使うためと目的が限定されています。用途が狭まり、金利が低めに設定されています。
進学ローンは、高校や大学などの義務教育ではない学校や私立学校に対し、一時的に多額の費用が発生する入学金や寄付金、年払いの授業料のためにも使えます。進学ローンの中には、学費以外にも仕えるものがあります。一定の条件範囲での入学後の住居費、下宿やアパートの敷金などです。元金を返すのは卒業してからで、学生の時は金利だけという返済が認められているタイプのローンもあります。
いずれのローンもそうですが、事前によく調べましょう。どこの進学ローンを使うかによって条件は大幅に異なります。進学ローンというと就職すると縁がなくなるような印象もありますが、社会人になってからの学習にも教育ローンは活用できます。キャリアアップのための講座受講や資格取得のため、一定の要件を満たすことで進学ローンを使うことができるのです。いずれにしても、返済可能な金額のみを借りるようにしましょう。日々の収入や他のローンとのバランスを考えた上での利用が重要です。

| 賢い利用法 | 09:55 |
ライフスタイルとクレジットカード
ライフスタイルとクレジットカードについて紹介したいと思います。クレジットカードの種類は2種類あるといわれています。一つ目はクレジットカード会社が発行しているプロパーカードといわれているクレジットカードと、そしていろいろなメーカーやお店が自分の会員カードなどに、クレジットカードの機能をつけている提携クレジットカードの弐種類があります。今あなたが持っているクレジットカードはどちらのクレジットカードですか?意外と提携クレジットカードの方が多い人もいるかもしれません。クレジットカードを選ぶ時には、ライフスタイルで選ぶといいと思います。というのも、クレジットカードの機能やサービスはクレジットカードによっていろいろですから、クレジットカードの使い分けが便利だと思います。

たとえばガソリンを入れるならこのクレジットカード、海外旅行へ行く時に持っていくならこのクレジットカード、このお店ではこのクレジットカードというように自分のライフスタイルによってクレジットカードを選んでおけばかしこくクレジットカードを使い分けることができて便利になると思います。クレジットカードは複数持ち合わせて使い分けるとかしこく使えますね。

| 賢い利用法 | 09:25 |

CATEGORIES

ARCHIVES