<< ライフスタイルとクレジットカード | main | クレジットカードのリボルビング払い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |
進学ローンの特徴
大学卒業までの教育費は、子どもが生まれた瞬間から準備をはじめることが理想的ですが、そう簡単にできるものではありません。子どもを取り巻く金銭状況は厳しく、教育費は年々上がっているのに親の年収は下降気味。
物価の上昇や実際の進学先によっては、想定を越えた教育費が必要になることも。進学ローンは、そういった教育費にあてることを目的としたローンのことです。一般の多目的ローンと違い、教育ローンや進学ローンなどのローンは教育経費に使うためと目的が限定されています。用途が狭まり、金利が低めに設定されています。
進学ローンは、高校や大学などの義務教育ではない学校や私立学校に対し、一時的に多額の費用が発生する入学金や寄付金、年払いの授業料のためにも使えます。進学ローンの中には、学費以外にも仕えるものがあります。一定の条件範囲での入学後の住居費、下宿やアパートの敷金などです。元金を返すのは卒業してからで、学生の時は金利だけという返済が認められているタイプのローンもあります。
いずれのローンもそうですが、事前によく調べましょう。どこの進学ローンを使うかによって条件は大幅に異なります。進学ローンというと就職すると縁がなくなるような印象もありますが、社会人になってからの学習にも教育ローンは活用できます。キャリアアップのための講座受講や資格取得のため、一定の要件を満たすことで進学ローンを使うことができるのです。いずれにしても、返済可能な金額のみを借りるようにしましょう。日々の収入や他のローンとのバランスを考えた上での利用が重要です。

| 賢い利用法 | 09:55 |
スポンサーサイト
| - | 09:55 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://card-guide.jugem.jp/trackback/7
トラックバック

CATEGORIES

ARCHIVES